法人携帯の料金・メリットまとめ TOP

このサイトについて

サンプルイメージ

社員が私物として使っている携帯電話を会社の仕事でも利用すると、面倒なことも多々発生します。
たとえば営業成績の良い営業マンが自分の顧客と電話番号を交換していたとしましょう。
すると、その営業マンが退職してしまい、別の会社に転職をしたり、自分で事業を起こした時にその営業マンの携帯電話に登録されている顧客をすべて横取りされるように顧客リストを奪われる形になります。
その社員1名だけならまだ被害は最小限かもしれませんが、こういった社員が2名3名と増え続けることによって、どんどんと自社の顧客が他社に流れていってしまうことが予想できます。

さらに、仕事とプライベート、両方使う者として携帯電話を社員自身が管理するとなると、セキュリティ面でも制限がかけづらいので、万が一携帯電話を紛失した時のことを考えるとそれもリスクとなります。

そういったリスクを回避するためにも、自社の社員が業務の一環として携帯電話を利用する場合には、私物の携帯は使わせず、会社で契約した携帯電話を持たせて利用するように指示することが可能になります。

また、法人携帯として会社で一括で借りることによって、今までよりも管理面、運用面、料金面でも様々なメリットを受けることができます。中でも料金が安くなることは、企業にとって法人携帯の最大のメリットとなることでしょう。

    コンテンツ一覧

    おすすめ最新情報

    Copyright(C) 法人携帯の料金・メリットまとめ All Rights Reserved.