法人携帯プランを見直して無駄なコスト削減

法人携帯プランを見直して無駄なコスト削減

全社で法人携帯を申し込むと、必ずといっていいほど、通信料に差が出ます。社内業務が多い部署と顧客や取引先といった社外の方と通話をすることが多い部署が存在しますから、個人単位・部署単位で通信料がバラバラになる、ということはよくあることです。

法人携帯であっても、通信料の内容に応じて個人、部署ごとに適した料金プランを利用することが可能になります。
社内の通話が多く、ほとんど社外と通話することがない場合でしたら1分あたりの通話料が安いプランが不要ですので、基本料をガクンと下げてランニングコストを下げたいという自社の要望に応えてくれます。
逆に社外である取引先や自分の顧客に対しての通話が多いのであれば基本料金よりも一回あたりの通話料を下げたいという要望もあります。

それぞれの最適な料金プランにすることで、社内トータルの通信費を抑え、無駄なコストを削減することが可能となります。また、運用していく内に最初のプランの内容からの見直しが必要となることもあることでしょうが、そういった場合にも法人携帯ならもちろん都度料金プランを変更することは可能です。

あらゆるプランを組み合わせて、ランニングコスト最適化を繰り返すことでトータルの通信コストを削減することができます。

    Copyright(C) 法人携帯の料金・メリットまとめ All Rights Reserved.