法人携帯によって経理業務の効率化

法人携帯によって経理業務の効率化

自社の社員が業務で使う携帯電話を法人携帯として利用することで、様々なメリットが受けられます。
まずは面倒な携帯電話の料金の管理面です。
法人携帯の場合、社員が利用した電話料金やパケット通信料の料金等の管理も非常に楽になります。

たとえば法人携帯として利用する前は個別で電話料金の清算をしていたことと思います。
中には電話料金の何パーセントを会社で負担という形でフォローすることもあったかと思います。
すると、経理業務が非常に手間になります。個々の電話料金の明細表を提出させ、その中から請求額を確認し、計算するとなるとその作業も負荷になります。
業務効率として考えてもとても悪いです。

しかし、法人携帯として契約することで、法人携帯として契約しているすべての社員の携帯電話の料金を一括で管理することが可能になります。このことによって、業務効率自体も大幅に軽減されますし、個人や部署などの任意の請求額も確認することが可能です。

単純なコスト削減だけでなく、労働力もコストと考えたら、トータル的にも大幅なコスト削減に寄与します。まずは正式導入前に今の社員数や通信料金のことも踏まえて、どのくらいの業務改善ができるのかを見積ると良いでしょう。

    Copyright(C) 法人携帯の料金・メリットまとめ All Rights Reserved.