法人携帯の導入で間接コストが軽減

法人携帯の導入で間接コストが軽減

業務で使う携帯電話を個人の携帯電話にしている会社が多くあるかと思います。
1人?2人くらいの規模の企業ならまだ良いかもしれませんが、外まわりの多い社員が多いようでしたら法人携帯にすることをおすすめします。
法人携帯を導入している企業はとても多いので、メリットについてはご存知の企業さんも多いと思いますが、もっとも大きなメリットはコストの削減です。

たとえば個人の携帯電話を業務で使っていたとしたら、その中の一定の料金を手当てという形で企業側が返済をすることと思います。すると同僚や上司に業務報告する際に、それぞれがキャリアが異なっていた場合、その分の通話料は高くなります。その分の料金も企業側が負担してあげないといけませんでした。
しかし、法人携帯にすることによってそういったリスクはなくなります。社内の携帯キャリアが統一されますので、通話料が無料あるいは割安になりますので、その分の通信費が削減できます。

さらに法人携帯になると間接コストも安くなります。
それまででしたら個々の社員の請求内容を確認して一人ひとりの手当てを計算しないといけなかったものが、今度は請求書が一括して送られてくるので、管理が非常に楽になります。結果残業代も削減できるのです。

    Copyright(C) 法人携帯の料金・メリットまとめ All Rights Reserved.