通信費は他キャリアのみで大幅コストダウン

通信費は他キャリアのみで大幅コストダウン

法人携帯を導入する上で、もっとも企業にとってメリットとして感じられるのは、通話料金の大幅な削減ではないでしょうか?
携帯電話を使ってやり取りをするのは、社内スタッフ同士の報告業務だけでなく、大切なお客様や取引先へ連絡することも多いことでしょう。これらも一回ごとの通話料金はそれほどでなくても、通話する回数が積み重なるほど料金は高くなります。
営業職の多い企業や大企業のように社員が多い企業はもちろん、どの企業においても法人携帯を導入することで、大幅な通信コスト削減が期待できます。

法人携帯の具体的なコスト削減例としてはいくつかあります。
その中の一つとして、通信費が社外の他キャリアへの通話料のみ、というプランです。
たとえば自社のスタッフ同士で通話をする時であればキャリアは同一ですので、基本的に通話料が無料になります。

また、社外の取引先やお客様が自社で利用しているキャリアと同一であれば、社内スタッフと同じように通話料が無料になります。
つまり、費用が発生するのは社外の他キャリアである取引先あるいはお客様だけになります。
しかし。これら他キャリアへの通話も割安となるプランもあるのです。そういったプランまで利用することで大幅なコストダウンが期待できます。

    Copyright(C) 法人携帯の料金・メリットまとめ All Rights Reserved.